読んでもしかたない日記

読んでもしかたない日記です。

苦悩

行動矯正のなかでも、無駄吠えのしつけ方法に関係して、苦悩している人が多いらしいです。

いろいろと問題になりますので、できる限り素早く矯正してください。

動揺している飼い主を見て、自分より下に見るような犬もいます。

ですから、動揺せずに噛むことを止めさせるしつけを実践するために、いろいろと支度をするのが良いでしょう。

とりたててしつけておきたいのは、飛びつきのようです。

威嚇をして、大きなラブラドール・レトリバーが飛びついてしまって、その人をそのまま噛みついてしまい、危害を加えてしまうことになってしまっては困ります。

柴犬に関するしつけの問題点として多いのが噛み癖らしく、成長しても間に合うのですが、できることなら子犬の時からしつけを終わらせることに勝るものはないみたいです。

しつけの仕方の心掛けですが、故意でなくてもポメラニアンを殴ってはいけないと覚えておきましょう。

怖がって、飼い主に対して心を閉ざすように成長してしまうということも聞きます。

チワワを飼っている人たちのしつけのトラブルに、うるさく吠える、というのがあるそうで、散歩中に周囲の人とか、犬などにとても吠える行為を行うなど、しつけが必要な犬がいますね。

現在、愛犬が無駄吠えして悩んでいるかもしれませんね。

でもね、心配はいりません。

犬の無駄吠えというのを止めさせるのは決して難しくはありません。

正しい知識などがあったら、どんな人でもできると言えます。

幼いうちからリーダーの威厳を理解するようにしつけると、頭の良いトイプードルは自分の主人である飼い主の命令を正確に守るという態度に繋がるに違いありません。

 

犬騒ぐしつけ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 最近の投稿

  • 最近のコメント

    • アーカイブ

    • カテゴリー

    • メタ情報